フラーレンミストで日焼け後のケア!紫外線アフターケアの HOW TO

公開日:  最終更新日:2017/03/01

日焼けのアフターケアにはフラーレンミスト!うっかり日焼けも怖くない、その理由とは? 日焼けによる肌トラブル【赤み、シミ、しわ】にはフラーレン高配合美容液がおすすめです。美白成分、ビタミンC誘導体も配合された1つですべてを補えるフラーレンミストの日焼け後のケア方法をご紹介します。

日焼けをした肌はどうなっているの? 日焼けのメカニズム

太陽光には肌に有害な紫外線が含まれていて、私達は毎日、知らず知らずのうちに多量の紫外線を浴びています。昔は日光浴が健康に良いとされていましたが現代ではその必然性は低く、むしろ日焼けによる肌の老化や皮膚がんの発生など悪影響のほうが心配です。

紫外線の害から身体を守るために、人の皮膚には防御機能が備わっていますが、困ったことがあります。それは、防御機能が働くときに「活性酸素」が大量発生してしまいます。確かに、活性酸素は肌を守る免疫として働く面もあるのですが、あまりに酸化力が強いので健康な細胞まで傷つけてしまい、結果的に、肌を老化させてしまいます。さまざまな肌トラブルの元凶には過剰な活性酸素があり、日焼けによるシミやシワも例外ではありません。

肌に紫外線があたって活性酸素が増えると、表皮の基底膜(真皮に近い場所)にあるメラノサイト(色素細胞)に「メラニンを作れ」という信号が送られます。これも紫外線による肌細胞へのダメージを抑えようとしておこる現象です。活性酸素から連絡を受けたメラノサイトはチロシナーゼ酵素を生成し、それが表皮内にあるチロシンという物質と結合することで、どんどんメラニン色素へと変化していきます。

<日焼けが起こるメカニズム>

  1. 紫外線があたる
  2. 肌を守ろうと活性酸素が発生
  3. 活性酸素が表皮に到着→「メラノサイト」が働き始める
  4. チロシナーゼ活性酵素を生成→チロシンと結合
  5. メラニン色素が過剰に発生
  6. 肌が黒くなり、シミ・しわが発生

この日焼けメカニズムによって、新たなメラニンが産生されるだけでなく、すでにあるメラニンも酸化されて色が濃くなります。また、活性酸素は基底膜のコラーゲンを切断してシワを引き起こし、皮膚全体も乾燥させるので、深いシワも出来やすくなってしまうのです。

これを防ぐために、紫外線に当たらないで過ごすことができれば良いのですが、現実的には難しいですよね。日焼け止めを塗っても完璧にはガードできません。
効果的な方法は、「紫外線で増える活性酸素を抑える」ことです。紫外線を浴びたらアフターケアとして抗酸化作用のある化粧品を肌に塗り、活性酸素を除去して発生量を減らしましょう。それが日焼けによるメラニンやシミを増やさない一番の近道です。

フラーレンが日焼け後のケアに有効な理由

フラーレンは活性酸素を吸着して無害化し、肌から除去するという独自の抗酸化力を持っています。他の抗酸化物質よりも活性酸素と戦うパワーが強く、「抗酸化力が長時間続く」ことがポイント。これが、日焼け肌のアフターケアにフラーレンが最適な理由です。
フラーレンの抗酸化パワーには本当に持続性があるのか、下記の図をご覧ください。

出典:ビタミンC60バイオリサーチ(株)提供の資料「抗酸化力の持続性」より
Control:何も添加しない状態

活性酸素のなかで最も酸化力が強く危険であるヒドロキシラジカルの量を、抗酸化物質であるビタミンC、フラーレン、ビタミンE誘導体とで比較したものです。何も添加していない状態(Control)のグラフは、線が上下しています。このように振れ幅が大きいほど、ヒドロキシラジカルの量が多いことがわかります。
左側は1分経過後のグラフで、ビタミンCとフラーレンの振れ幅が一番小さいですが、右側の12分経過後のグラフではフラーレンだけです。つまり、フラーレンのヒドロキシラジカルを消去するパワーは時間が経っても衰えず、他の抗酸化物質よりも優れていることが分かります。

次の図は、紫外線を照射するごと(1回〜5回)に、人の細胞内で活性酸素の量が増えていくことを示しています。注目してほしいのは、一番右側の「紫外線照射終了から17時間後」グラフの水色部分。なんと、紫外線を肌に当てるのをやめても活性酸素は増え続けるので、半日以上経つとこれだけ多量に溜まってしまうのです!日中に紫外線を浴びると、夜間でも活性酸素が増え続けてしまうのです。

出典:ビタミンC60バイオリサーチ(株)提供の資料「抗酸化力の持続性」より
Control:UV(紫外線)を照射しない状態

しかし、フラーレンには長時間続く抗酸化パワーがありますので、寝ている間の活性酸素の発生にも対抗できますね!
上記、水色のグラフは「抗酸化成分を何も用いなかった場合」の結果。それに対しオレンジ色のグラフは、「フラーレンを用いた場合」の結果です。フラーレンを用いたほうは、何もしなかった場合の活性酸素量を約80%も減らすことができました。活性酸素が増え続ける間も、フラーレンは働き、活性酸素を除去し続けていたということです。
このように、紫外線を浴びた日は、増加が止まらない活性酸素に注意が必要です。日焼け止めを肌に塗って紫外線を防ぐことも大事ですが、それ以上に、「日焼け後の活性酸素をフラーレンで除去し、肌を元の状態に近づけることが大事」ということがお分りいただけましたか?

ちなみに、ビタミンCやビタミンEのような他の抗酸化成分には、フラーレンのように持続性はありませんが即効性があり、真皮までスッと浸透します。フラーレンと組み合わせるとチームワークを発揮して、メラニン生成工場であるメラノサイトに働きかけて色素沈着を防いだり、日焼けをした皮膚の炎症を軽減したりする効果が期待できます。

紫外線で発生する活性酸素を無害化して、シミ・色素沈着を薄くする

ここで、紫外線の種類について説明しましょう。肌に影響する紫外線にはUVA波とUVB波の2種類があります。UVAは、紫外線量全体のほとんどを占めていて、ガラスを透り抜けて室内まで入ってきます。そして表皮から肌の奥の真皮まで届くため、メラニンの合成量を増やし、メラニンをすぐに黒く濃くします。

しかし、フラーレンの活性酸素を無害化する力は、紫外線で増えた活性酸素に対しても有効で、シミを薄くする効果が期待できます。
下の図は、紫外線を照射してできたシミに、フラーレンを1%配合したクリームと、配合していないクリームを塗って比較した臨床試験の結果です。4週間目で見た目にも分かる差が現れました。続けていくと、良い結果が期待できそうです。

出典:ビタミンC60バイオリサーチ(株)提供の資料(Ver.160502、14頁)より
RS:ラジカルスポンジ、LF:リポフラーレン

日焼けによる炎症を抑える

紫外線のUVA波とUVB波の2種類のうち、主に表皮の赤みや炎症を起こすのがUVB波です。UVBはガラスを透過しませんが、短時間の外出でも、肌の炎症や肌荒れの原因になるので気をつけましょう。

この紫外線による日焼けで赤みや炎症が発生した場合も、フラーレンの活性酸素を無害化する力が有効に働いて、症状を緩和することが期待できます。
下の図は、顔に炎症のある被験者にフラーレンを1%配合したジェルを塗った臨床試験の結果で、8週間で肌の赤みを改善することができました。炎症のある部分では活性酸素が発生しているので、フラーレンが効果的です。

出典:ビタミンC60バイオリサーチ(株)提供の資料(Ver.160502、22頁)より
RS:ラジカルスポンジ

フラーレンミストで紫外線アフターケアを行う方法

紫外線の多い日中も、夜間も、抗酸化力が持続するフラーレンでお肌をケアし、活性酸素を効率的に消去しましょう。フラーレンを肌に塗れば、その抗酸化力は11時間続くことが実験によって確かめられていますので、基本は朝晩2回のお手入れで大丈夫です。そのうえで、紫外線のアフターケアは「日中と就寝前」を意識して行ってください。

<紫外線アフターケアにおすすめ! フラーレンミスト>

フラーレン美容液をミスト状にしたフラーレンミスト」は、ラジカルスポンジを規定値以上配合し、従来品より200%増量した人気商品です。ほうれい線をケアするプロジェリンや各種ビタミン誘導体などが配合されていて、年齢肌を強力にサポート。携帯できるから日中は外出先で使えてとても便利です。


【フラーレンミスト】石油系界面活性剤フリーフラーレン増量フラーレン規定値以上配合フラーレンナノミストAPPS+E(TPNa)30ml
価格:4,320円(税込)

効果的な使い方と、ポイントをいくつかご紹介しましょう。

紫外線を浴びたらお化粧の上から吹き付ける
肌に密着するようなしっとりとしたミストです。割とたっぷりの量が一度に勢い良く出てくるので、手の平に出してから顔を優しく抑えてなじませると良いですよ。
化粧直しの前に、あぶらとり紙の代わりに吹き付けてティッシュで押さえる
活性酸素によって顔の皮脂も酸化してしまうので、あぶらとり紙の代わりにフラーレンミストでしっかりオフ。エアコンでカサついていた肌の乾きも癒されて、潤います。
手の甲などボディケアにも
手の甲は日焼けが目立つ箇所で、意外と人から見られています。このミストは保湿力があるのにベタつかないからパソコン作業中のハンドケアにもぴったりです。
頭皮に浴びた紫外線にもひとふき
とくに頭頂部は日焼けしやすく、赤みや薄毛などのダメージが気になります。フラーレンは髪にも良いので、顔につけるタイミングで頭皮にも一緒につけるのもおすすめです。

フラーレンミストは「手のひらサイズで使い勝手がとにかく良い」と評判です。シュッと吹くたびに「フラーレン、活性酸素を吸着しておくれ!」と号令をかける感じで、気分も上がりますよ。

紫外線を浴び過ぎた日は「ダブルフラーレンCEグラブリジンマスク」がおすすめ

外出の多かった日や、雪山でレジャーを楽しんだ日など、紫外線を浴び過ぎてしまった日は就寝前のケアがとても大切です。日中の紫外線ダメージの影響で、夜になっても活性酸素が大量に発生するので、寝る前に「ダブルフラーレンCEグラブリジンマスク」をしてフラーレンを補給しましょう。日焼けで火照った肌もひんやりクールダウンして、気持ち良いですよ。

この「ダブルフラーレンCEグラブリジンマスク」は、リポフラーレンとラジカルスポンジのダブルフラーレンやポリフェノールが豊富なグラブリジンを配合。1日のスキンケアの締めくくりにぴったりです。オールインワンフラーレンジェル」を顔に塗った後に、このパックをするのもおすすめです。


Wフラーレンパック5枚*ハイドロキノンを超える話題の美白成分グラブリジン高配合WFCEG(ダブルフラーレンCEグラブリジンマスク)
価格:8,100円(税込)

今回は、フラーレンが紫外線対策にもアフターケアにも欠かせない理由についてお話しました。いかがでしたか?紫外線で増えた活性酸素は、メラニン生成のきっかけをつくり、素沈着やシミやしわの原因となっています。それだけでなく、紫外線を浴びた日は寝ている間も活性酸素が増え続けるという事実。これにはびっくりですよね。
フラーレンの抗酸化力は強力でしかも長時間続くので、紫外線による日焼け後のケアにも効果的に行うことができます。このことを知っておけば、うっかり日焼けももう怖くありません。ぜひフラーレンミストやパックを上手に活用してください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ページトップへ▲